細径高屈曲ロボットケーブル 最新発見 完売 ORP-SLシリーズ ツイストペアタイプ

細径高屈曲ロボットケーブル ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ)

細径高屈曲ロボットケーブル 完売 ORP-SLシリーズ ツイストペアタイプ ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ),www.kbs-events.com,/hyperboreal1416632.html,細径高屈曲ロボットケーブル,7267円,空調・電設資材 電気材料 , 電気材料 , 電線 ケーブル 細径高屈曲ロボットケーブル 完売 ORP-SLシリーズ ツイストペアタイプ ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ),www.kbs-events.com,/hyperboreal1416632.html,細径高屈曲ロボットケーブル,7267円,空調・電設資材 電気材料 , 電気材料 , 電線 ケーブル 7267円 細径高屈曲ロボットケーブル ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ) 空調・電設資材 電気材料 電気材料 電線 ケーブル 7267円 細径高屈曲ロボットケーブル ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ) 空調・電設資材 電気材料 電気材料 電線 ケーブル

7267円

細径高屈曲ロボットケーブル ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ)

業界トップクラスの細径性。狭い機器内の配線にも最適です。機器の軽量化にも貢献します。(メーカー従来品比 約20%の細径、軽量化)
摺動耐久1億回以上です。あらゆる動き(摺動、首振り、ねじり)に対して、優れた耐久性を発揮します。環境対応製品です。RoHS指令に適合しています。
高レベルの耐屈曲性・耐捻回性・耐摺動性が要求される産業用ロボット、自動工作機等の多目的用途。




細径高屈曲ロボットケーブル ORP-SLシリーズ(ツイストペアタイプ)

MX3000シリーズ 高性能オイルミストフィルタ
サイトマップ  |  水平角度付きエルボ・蓋  |  English

(7230)カバー,クォータ トリム
 



■新着情報

2022.04.25 第69回日本ウイルス学会学術集会 事前参加登録ページへリンク
      第69回日本ウイルス学会学術集会 演題募集ページへリンク
2022.04.13 学会登録上の専門分野(区分)の変更についてを掲載
      E/C 4つポケットジャンパーへリンク
2022.04.12 F3000シリーズ エアフィルタ(F3000-10〜)へリンク
2022.03.19 日本微生物学連盟フォーラム「微生物の探索から生まれる技術」のご案内を掲載
2022.03.14 日本バイオセーフティ学会「第2回実験室バイオセーフティ専門家講習会」のご案内へリンク
2022.03.11 日本医学会創立120周年記念事業~日本近代医学創成から120年とこれからの120年~のご案内へリンク
2022.02.21 W1000シリーズ フィルタレギュレータ 白色シリーズを掲載
      「現在進行形の新興感染症COVID-19」シンポジウムのご案内へリンク
2022.01.19 1軸アクチュエータ SE4505A(G3) カバー付を掲載
2021.12.20 2022年度日本微生物学連盟「野本賞」の募集についてを掲載
2021.12.17 ローレットツマミ Dタイプ/クロム/黒ナイロンへリンク
      第69回日本ウイルス学会学術集会ホームページへリンク
2021.12.10 日本学士院第13回学びのススメシリーズ講演会「人獣共通感染症とは? —次の世界流行(パンデミック)にどう備えるか—」へリンク
2021.11.08 島根大学医学部微生物学講座助教の公募へリンク
    大阪大学免疫学フロンティア研究センターアドバンストポスドクプログラムへリンク
2021.11.02 国際原子力機関(IAEA)への職員派遣選考試験(外務省)募集要項 へリンク
2021.10.18 長崎大学感染症共同研究拠点研究部門 助教の募集を掲載
2021.10.15 国立感染症研究所治療薬・ワクチン開発研究センター研究員の公募についてを掲載
2021.10.12 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の野田岳志教授が令和3年度日本微生物学連盟「野本賞」を受賞しました。


■会員へのお知らせ

2022.04.13 学会登録上の専門分野(区分)の変更について
2015.09.17 学術集会発表時の利益相反開示について
2014.06.16 学会の英語ページ開設致しました(留学生の方々の入会も推奨致します)
2010.12.07 PSAプラスチック 平歯車 モジュール2 Jシリーズ(完成品タイプ)
2009.12.01 学会誌「ウイルス」全巻全号電子アーカイブ化に伴う著作権委譲に関する告知について


Copyright(C)2020 The Japanese Society for Virology All Rights Reserved.

');